どちらを選ぶ?天然水とRO水の違い

濾過のレベルが違う天然水とRO水

ウォーターサーバーは、大別して天然水とRO水の2種類の水を使用しています。
天然水は、まず原料となる水そのものをセレクトしています。水質の良い水源の中でも、美味しいと言われる水の産地を選び、そこで採水後、沈殿やフィルターによる濾過によって不純物を取り除いています。不純物というのは、雑菌やチリなどで、天然水に元々含まれていたミネラル分は残してあります。濾過の後に加熱殺菌を行うものと、加熱殺菌を行わないものがあります。
RO水は、基本的に清潔な水であればどこの水でも原料になります。清潔な河川水や、水道水を利用しているケースが多いです。この原料水をRO膜(Reverse Osmosis・逆浸透膜)という0.0001ミクロンの穴を持つ膜を使って濾過したのがRO水で、雑菌やチリだけでなく、原料水に含まれるミネラルも除去します。このため本来のRO水は蒸留水に近い純度となりますが、味わいが天然水に劣るため、ウォーターサーバーとして出荷されるRO水の多くは、ミネラル分を添加して販売されています。

安全性は互角、RO水も天然水も試飲してみて好みで選んでみよう

安全性の観点から言えば、天然水とRO水のどちらも十分安全であり、心配は不要です。
天然水は産地によってミネラルバランスに違いがあります。成分をチェックして好みの産地の天然水を選ぶとよいでしょう。
RO水は、基本的にはメーカーによる差が出にくいです。ただ、RO水の中でも天然水を原料としている自然志向のメーカーもあります。
天然水、RO水のどちらが優れているかは一概には断言出来ません。まず予算でメーカーを選択し、次に、試飲できれば試飲してみて好みに合う水を選ぶのがベストです。
家庭用ではありませんが、ミネラルの添加を行わないRO水は、飲用には味が劣るものの、物質を溶解する力が強いです。このため高級日本料理店等で、このミネラル分を添加しないRO水で出汁を取っていることがあります。この出汁は素材の味わいをフルに引き出す、旨味成分をふんだんに含む良い出汁になります。ミネラル分を添加しないRO水は溶解力が強すぎるために、そのまま飲むと胃壁を傷める場合があります。ウォーターサーバー用RO水のミネラル添加には、これを防ぐ目的もあります。

赤ちゃんのミルクを作る際、赤ちゃんが泣いているのにお湯を沸かしたり、ミルクを冷ましたりで慌てることがあります。現在の宅配水なら赤ちゃんに安全でお湯も冷水も出るのですぐにミルクを作れます。